まるみん日記第90話♪

【まるみんのパチンコ日記】
最初で最後かもしんない、
北斗無双のガチ稼働。





みなさまご機嫌はいかがですか?


まるみんです。


今期もとうとう最終回ですね。


気合の入ってる今日の稼働は〜〜〜〜





「初代 北斗無双」です。

【広告】





ーーーえええぇぇーー!?!


どうしたのー?


苦手なんじゃないのーーー!?!


えぇえぇ、苦手です。


苦手でも人間やらねばならぬ時が有るのです。


早速ですが参りましょう!


最終回稼働、頑張りマッスル!

【広告】







この日は学校の帰り。


13時半ごろホールに入り、




北斗無双実践日記1

本日まだ当たっておらず、9回転回っている台に座った。


回し始めてすぐ、30回転目くらいの事。




「神拳?」保留が出た。
北斗無双実践日記2


いつも思うけど、この保留が出る時ってほんっとーーに派手な音がするよね。




北斗無双実践日記3

いっかにもゾーンに入りそうな音がする。


……まぁ、私はまだ入った事無いんだけどサ。


この時も真ん中の神拳図柄はズルっとズレました。


そんな肩透かしを挨拶がわりにくらいつつ、


しばらくの間




北斗無双実践日記4



北斗無双実践日記5

ケンシロウが石版を撫で回しながら何かおまじないをしているのを見たり、




北斗無双実践日記6

名前を呼んでほしいさびしん坊の駄々のコネコネを見たり、




北斗無双実践日記7

北斗無双実践日記8

いつもブツブツ言いながら誰かを待ってる次男坊のいないいないばぁを見続けるが、


「あんたは本気出したら自力でそこ出ていけるでしょうっ!?」


等と、こっちもトキと一緒になってブツブツ言いながら、チャンスを待った。





これは…?!と、思う展開がやってきたのは


200回転付近だった。