まるみん日記第三十三話♪

【まるみんのパチンコ日記】

まるみんの気まぐれへっぽこマンガ




〜夏の日の2016〜


晩夏のある日。




パチンコQBと牙狼001



パチンコQBと牙狼002



私はいつもの様に


仕事帰りにパチンコを打っていた。


自動ドアの真ん前の


目立ちすぎる場所に設置されたガロ魔界ノ花




ひと勝負挑んでいた。
パチンコQBと牙狼003



日記にする気の無いプライベート稼働だ。


……格好をつけてみたが、


日記稼働とプライベート稼働に特に区別は無い。




[広告]
[広告]




台選びに何の信念も無いため


運にすべてを任せて


空いてる台に無造作に座っていた。




パチンコQBと牙狼004



この時、ストレートに3万ほどやられていた。


いつもの事だし、


牙狼なんか打ってんだから当たり前だが、


チャンスも来ない事に


少し拗ね始めていた。


しかし、やっと来た。




パチンコQBと牙狼005



赤保留だ。


高まる期待にドキをムネムネさせて変動を見守った。


すると、




[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆