小橋日記第五十九話♪

【小橋のパチンコ日記】
第9話  役割論理







カッ!!!

乙女フェスティバル001



ジリジリ・・・ジリジリ・・・


小橋「・・・ゃーい!・・・ゃーい!!」







ギラァァ・・・!

乙女フェスティバル001



み゛ーんみ゛んみ゛ん!!
み゛ーんみ゛んみ゛ん!!



小橋「・・・しゃーい!・・・しゃーい!!」


メラメラァ・・・!!






ジュージュー!ジュージュー!!
乙女フェスティバル002



小橋「いらっしゃーい!!いらっしゃーいぃ!!」





・・・って



アッツゥゥゥゥ!!!!



おかしい・・・
絶対におかしい・・・!!


なんでこんな太陽ギラギラの炎天下で


メラメラの炭火に寄り添ってうなぎ焼かなきゃならんのじゃぁぁぁ!!!?




先輩「仕事だよぉぉぉ!!!」


小橋「そうでしたぁぁぁ!!!」




[広告]
[広告]




・・・そう言えば今まで


私の職業について触れたことは無かったかも知れないな


私、小橋の職業は“魚屋さん”である


魚屋と言っても、町で店を構えるような魚屋ではなく


そういう小売店やスーパー、ホテルや料理屋さんなどに品物を卸す“卸売業者”である





今日は7月20日


土用の丑の日


毎年この日は社員総出で、日頃お世話になっているスーパーさんなどに出向き


うなぎの店頭販売のお手伝いをしているのだ





時刻は午後1時


本来の勤務を終えたのち、私と先輩は2人で担当の店先へ行き


こうしてうなぎを焼いては売っているというわけだ





最近はこのように店頭で販売するお店がだいぶ少なくなったなぁ・・・


うなぎに限らず、こうしたことは頻繁にやった方が活気が出ていいのだが・・・


まぁやらない理由は明白、


保健所がうるさいのだ


昔よりも手続きや基準が増え、なかなか思うように売れない店も多くなってきている


食中毒等の問題があるからやむなしだがなぁ


市場にも“市場法”とかいうのがあって


なかなか自由には出来ないわけです


規制に縛られているのはパチンコ業界だけではないのだ



[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆