小橋日記第四十一話♪

【小橋のパチンコ日記】
想像と創造





現在ホールで稼働しているパチンコ機種は、一体何種類くらいあるのだろうか・・・?




題材とするテーマや版権が作り出す世界


様々なスペックはもちろんのこと


液晶で演出するもの
役物で演出するもの


多種多彩な表現方法で


日々、我々遊技者を楽しませてくれている





様々なタイプの機種がある中でも


主流となっているものはやはり


液晶で演出を繰り広げるタイプのデジパチであろう


海・ガロ・北斗・・・


他にもいろいろあるが


大きく括るとこれらは液晶系デジパチと言える。


現在設置されている機種の大多数がこれに分類され


映像による演出は進化し続けている





「自分の好きな機種」を想像してみて欲しい


多くの方は液晶系デジパチを想像しているのではないだろうか?


液晶演出が主流である一方で・・・


種類は少ないが、


液晶を介さない演出を持つ機種も存在する


その一つが




“ドラム系デジパチ”





スロットのように、絵柄のついたリールが回転し


同じ絵柄が揃うと大当たりというシンプルなシステム


絵柄が固定されているため、


液晶に比べると演出の自由度は低い



[広告]
[広告]





しかし多彩なリールアクションやフラッシュ、BGMで演出される変動は


液晶では表現できない独特の世界観を有している


数は少ないが、現在でもドラム機が度々リリースされているのは


そこに需要があるからに他ならない!




小橋日記 第4期


第1話ではそんなドラム機の魅力を伝えていきたいと思う



[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆