小橋日記第五十七話♪

【小橋のパチンコ日記】
第7話  夢追人




・・・お疲れ様!


本当にお疲れ様!


サッカーW杯、日本の試合はすべて終了した


最後となったベルギー戦、試合は午前3時くらいから


その時間、私はすでに出勤する時間だったわけで


試合をLIVEで見られずガッカリしていたが


TVのある事務所で作業している社員が


試合展開を逐一現場に報告してくれていた(どんな会社だ)


しばらくすると慌ただしく走ってきて・・・





事務社員「後半まもなく1点入れたぞー!!」(ドタドタ)


現場社員達「な、なんだってー!?」


さらに数分後・・・





事務社員「また一点入れたぞー!2−0で勝ってるぞー!!」(ドタバタ)


現場社員達「な、なんだってぇぇぇ!!?」


現場ではどよめきが起こる!


なにが起きているんだ!?まさか勝てるのか!?


そんな期待感の中、現場での仕事をこなしていく



[広告]
[広告]








その後しばらく、事務社員は現れず


拮抗した展開になっているのか・・・?


状況が気になりつつ、


およそ40分後・・・





事務社員「・・・・・・・・・」(トボトボ)


うなだれた事務社員の登場で


現場社員達「あっ・・・」(察し)


負けたということは分かった


最終スコアは2−3


2‐2のまま迎えたアディショナル、残り30秒というところで


逆転のゴールを決められたとのことだった・・・


何ということか・・・


勝ちが垣間見えていた展開だっただけに、現場の落胆は大きかった





後日


私は録画しておいたベルギー戦を観た


あぁ・・・これは・・・


これはLIVEで観るべき試合だったな・・・


この日が出勤日だったことを割と本気で呪った




内容は素晴らしかった


まさに前回のポーランド戦での鬱憤を晴らし


日本のサッカーを世界に見せつける内容だったのではないかと思う


それと同時に、世界の壁の高さを思い知る試合でもあった


ベルギーの見せた、最後のあのカウンター・・・


あれは凄かった


あの状況で、普通は延長戦に意識が行くであろう場面でのあのプレー


・・・日本が世界を取れるようになるのはまだ当分先になりそうだ


それほど格の違いを見せつけられるプレーだった





しかし何にせよ!


今回の試合は素晴らしかった!


ありがとう、日本代表!お疲れ様!!


私がサッカーをまともに観て応援するのは4年に1回だけのことであるが


次回のW杯も楽しみに待っているぞ!




さて、サッカー前置きはこのくらいにしておこうか!


前回でGW稼働は終わったので、今回は予告した通り新台を打っていこうな!



[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆