ハマリオ日記5期目44話
ハマリオのパチンコ日記
【おばけに夢中】



「おばけ」って見たことある?


俺はある。


つい先日も、パチ屋で見たんだ。






髪の毛は3本だった…。
スタート






というわけで、


今回ミニミニモンスター3の甘デジ版(1/89)


前作もちょこちょこと打っていたので、楽しみにしていた新台でもある。


シリーズを通して、本機の特徴はなんといっても通常時の早さ


パチンコでは店選びや台選びはもちろん重要だが、それとは別に機種選びというものもある。


等価ボーダーの甘さや玉増えを意識する人は多いと思うが、


ゲージの甘さや、消化速度の速さも判断基準にいれると、打てる台が増えたりもするので頭の片隅に。



今作はスペックが前作と少々変わってしまって、


2連目以降に時短回数が増える代わりに、初当たり時の時短はそのほとんどが僅か8回。


出玉の波は結構荒くなってしまった気がする。


だがそこはモンスター達の可愛さでカバーしよう。




おばけ




それでは、実践へ。


この機種の設置店を近場から見て回った結果、ヘソの大きさがあった等価店へ。


前日の深酒により、やや寝坊した為に開店30分後に到着。


入り口近くにあった「牙狼」「大海2」が満席で少し不安になったが、余裕の空席であった。


こういう機種は、そこまで人気がないので台確保しやすいのも利点か?


ちょっと寂しい気もするが・・・




パッと見では、以前に見たときと変わらないようなので、期待して打ち出し開始。




ヘソ




すると、7回転目の変動時に雷リーチであっさり当たり。




あたり




4Rの大当たりを消化後、通常図柄だったので「ドキドキゾーン」へ。


ちなみに3、7、モンスター図柄が確変となる。


それ以外の通常図柄でも確変の可能性はあり。



これが8回転で終了し、通常画面へ。


(内部的に確変だった場合は電サポは終わらない)



先ほども書いたように、


2連目以降は時短回数が増えるので、纏まった出玉への期待が持てる。


だが、単発時の出玉は心細く340玉程度。(アタッカー次第)


これを大きく嵌った末に食らうと結構ショックが大きい。


実際、確変突入率が52%なので単発に終わることはかなり多い。


めげずに頑張ろう。





等価店なので現金投資を続けると、保留変化が。




保留変化発生




パトランプ?


これが55回転目、確変図柄で当たり。




確変図柄




初当たりが確変だとやはり嬉しい。




確変




ここは連荘への期待を膨らますが、3連(4R×3)で終了。


それでも時短が50回ついたので、電サポでの玉の取れ具合も把握できて一安心。


電サポ時は保留変化が多いが、おばけ(赤もあり)以外はアテにならない感じかな?




保留変化


※ちなみに電チュー優先消化ではありません。





お次は113回転目。


リーチ時に「大当たり」の掛け声で、そのまんま大当たり。


確定演出なんだろうけど、通常時、確変時ともに結構発生した。


これが16Rや、




16R




保留連も絡み、




保留連


(ラウンド中にミニモンが光れば保留連の様子。)




12連と一気に出玉を伸ばす。




12連




その後も現金投資を続けていくと、


89分の1という優しさを如何なく発揮してくれて、


昼過ぎには1万発ほど獲得。


ここで昼飯休憩を取り、


天気が良いので少し歩いてラーメン屋へ。





俺はパチンコを打っている時、


意識的に昼休憩を取る事が多い。


特に今回のように速い機種(海物語等)を打っている時は、


「この機種なら長めに休憩しても平気だろう」


と思う。


そして、結局は遅い機種と同じ程度しか回せていない事が多々ある。



逆に遅い機種を打っている時は、休み無しで回すこともある。


それじゃあ、速い機種を打っている意味が無いのではないか?


と疑問に思うかもしれない。


確かにそうかも知れない…。


まあ、この辺は根がサボリ性なのだから仕方ない。




思い返してみると、


パチパチプロプロしていた頃は、ちゃんと打たなきゃと自制する一方、


何とか理由をつけてパチンコをサボろうとしてた自分がいた。


特にリーチの長い台は帰りたくなることが多かった。


電サポ中はともかく、通常時はすることがないから


(ああ、冬ソナとか冬ソナとか冬ソナとか…)



パチンコってのは、玉を打って穴に入れる遊びだと思うし、俺はそこに楽しさを感じてた。


だからリーチが終わるのを待って打ち出しを止めている時間は、遊べない時間だった。


そんな時は、


「このリーチが当たったら居酒屋にいこうかな」


とか、


「ここから10連荘したら明日は休もうかな」


とか、そんな事を考えていた。


そういう意味で、速い台の方が座ってられた。


速い台はどんな熱いリーチでも、


「あ、当たるかも」


って思った数秒後には結果が出てるから。


すぐに玉を飛ばすことになるから、パチンコに集中できたし飽きが少なかった。


だから海が好きになったのだと思う。



そんな事を考えながら、ラーメンを食べて休憩を終えた。





再び回し始めると、


その後も順調に当たりが付いてきたので、途中で一度流してもらうことに。



それにしても面白い。


演出も前作と殆ど同じなので結構楽しめる。


16R時に流れる歌も良かった。


そして、初当たりが89分の1なので、安心感がある気がする。


(体感的に99分の1と89分の1って違いを感じるのだけど)


この日はシンプルなミニミニモードだったけど、ファンタジーモードの方が先読みが豊富な様子。





その後は単発が続く展開になるが、終盤に盛り返す。


では、結果です。







続きを読む!!




ハマリオ日記トップに戻る

パチンコセグMAX

パチンコセグ判別サイト