ハマリオ日記第八十七話♪

【ハマリオのパチンコ日記】
バジリスクでもダメ




いまちょうどこの日記をテレビドラマ「モンテクリスト伯」を見ながら書いている。


このドラマは第3話ぐらいから何気なく見始めたのが、


たまたま画面に映った高橋克典の渋い顔をきっかけに、0.6%ぐらい顔が似ているガスガス君を連想して見始めたぐらいなのだが、


仕事から帰ってきて見るにはちょうどいい時間帯ということもあり、けっこう夢中になって見てしまった。





ドラマの内容を軽く書くと、


もともと平凡で幸せな生活を送っていた男が主人公(ディーンフジオカ)。


その主人公がある男達の嫉妬と陰謀(高橋克典が主犯)に嵌められて外国に罪人として送られ、


劣悪な監獄で地獄のような年月を過ごす。




その後、奇跡的に監獄を脱出し、日本に帰国。


しかし日本では自分の母親は死に追いやられ、


かつての妻は自分を陥れた男と結婚していた。


さらには自分の存在自体が忘れ去られ、


自分を陥れた男達ですら変わり果てたとはいえ自分の姿を見ても気づかない。


自分が地獄のような、というか地獄そのもののような目に合ったのに、


自分を陥れた男達は罪悪感もなく、社会的も成功を手に入れ、


自分の存在を無かったかのように日々を過ごしていた。




それを許せるはずもなく、


自分を陥れた真相を明らかにし、男達にも復讐を果たしていくというストーリー。


もともとは外国文学の傑作なのだが、


それを現代の日本にうまく落とし込んでいたと思う。




[広告]
[広告]







でまあ、このドラマの最終回。


いよいよクライマックスという時に、主人公がかつての妻にプロポーズした時のビデオが流される。


おそらく結婚式で流されたもので仲間内によるありがちな編集がされており、


プロポーズした場面に合わせて音楽が流されたのだが、


それを聞いていて俺は驚愕してしまった。






「愛は勝つ」だった。


この曲のイントロが流れた瞬間に往年の大御所とぅーんさんの顔がナチュラルに思い浮かんでしまった。


セグMAXライターとぅーん



もしも今後、とぅーんさんの身に良からぬことが起きて、外国に島流しみたいなことになっても、


「復習鬼・モンテクリスとぅーん」にならない事を心から願う。




[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆