ハマリオ日記第八十八話♪

【ハマリオのパチンコ日記】
潜伏、半端ないって




最近は心境の変化にともないペットを飼おうかと画策している。


といっても今のアパートで犬猫を飼うのは難しく、


かといって牛馬を飼うのはさらに難しく、


ウサギとかネズミ系の小動物を考えている。





で、その中でも俺が特に惹かれているのはモモンガである。


森の中で木から木へと飛び移るあのモモンガである。


小さな体を拡げて空飛ぶ食パンのように滑空するあのモモンガである。





モモンガは幼少の頃から手なずければ懐くらしいので、


まずは徹底的に懐かせる。


そして狙ったとこに飛ぶように仕込む。


そして小さな体をいかし、稼働中の俺の胸元に待機させる。


そしてホール内でパチンコの潜伏台やパチスロの天井が近い台を見つけたら、


すかかず俺の頭上に移動、


そして狙い台に目掛けて飛ぶ。


そして見事に上皿に着地。


台確保成功。


モモンガ台確保成功。


これを見て他のハイエナのライバルたちは焦るだろう。





あのモモンガプロはガチでヤバい、と。




[広告]
[広告]







さて、今回はハイエナについての話をしよう。


ハイエナといってもオカルト的なハイエナではなく、


羽根物やアナログ台の過去データを見てのハイエナでもなく、


ここでいうハイエナとは潜伏確変ハイエナ。


確実に期待値が取れる、


確実に稼げるハイエナのことである。





今でこそMAX内でも「ハイエナ稼働を書くライター」が普通になっているが、


以前(MAXの初期の頃)ではそうでなかった。


ハイエナは邪道という空気があり、


ハイエナ稼働で勝っているライターさんが叩かれることもあった。



[広告]
[広告]
★☆★☆次ページへ★☆★☆